FC2ブログ

選挙供託金制度を廃止しよう!

選挙供託金制度廃止運動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月20日(土)あらかじめ裏切られた民主主義

【転送・転載歓迎】

11月20日(土)あらかじめ裏切られた民主主義
~供託金違憲訴訟から見る選挙のカラクリ~

治安維持法&選挙供託金制度&普通選挙法が同時に導入されたことが、日本の議会制民主主義の悲劇の始まりだった・・・。

講師  臼田敦伸(第二次選挙供託金違憲訴訟原告)
    http://nipponkoku.jp/index.html
日時  11月20日(土)13:30開場 14:00開始 16:30ごろ終了
場所  千駄ヶ谷区民会館1階第1会議室  渋谷区神宮前 1-1-10 (03-3402-7854)
交通  JR 原宿駅 徒歩10分 地下鉄千代田線 明治神宮前駅 徒歩8分
    http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_sendagaya.html
資料代 500円(会員無料)
主催・問い合わせ先 草の実アカデミー
tel03-3916-2664(火・木・土日祝) E-mail kusanomi@notnet.jp

国政選挙に立候補するためには、比例区600万円・選挙区 300万円を供託金とし
て出さないと立候補すらできず、一定の票に達しなければ没収されます。おまけに、国会に議席をもたない政治団体から比例区か ら候 補者を出すには、10人(参院、政党なら1人でもOK)の立候補者を立てなければなりません。そうすると膨大な供託金が必要だ し、人的資源もより多く求められます。

 つまり貧乏人は最初から国会から排除され、金持ちの代理 人ば かりで議会が構成されることになります。その結果、国権の最高機関たる国会は多くの間違いを犯してきました。

 加えて投票数と議席数が大幅にずれて民意を無視する小選 挙区 制、さらには議員定数削減によって、貧乏人(無産者)排除は決定的となります。

 ここでのポイントは、世の中の多数派は貧乏人(あるいは 庶 民)にも関わらず、世の中の少数派である金持ちとその代理人が国会の多数派になっていることです。衆議院と参議院の多数派が違う と騒ぐことより、これこそが「本当のねじれ」だ。

 この反民主主義と不公正に対し、裁判に訴えたのが臼田敦 伸さ んです。供託金は憲法違反だと訴えたのです。この裁判を中心に日本の議会制のカラクリを追求しようではありませんか。

 そもそも、議会制民主主義と政党政治のはじまりといわれ る男 子普通選挙法は、無産政党などを弾圧する治安維持法と選挙供託金制度の導入とセットで1925年に成立しました。

 自由で公正な選挙(完全普通選挙)を実施した場合の結果 を、 あらかじめ予想して導入した3点セットだったわけです。権力は私たちを最初から騙していたのだ。

 そして2010年の現在に至るまで普通選挙(すべての国 民が 選挙権・被選挙権=立補権、をもつ)は実現されていません。今こそ、完全自由選挙、完全普通選挙をめざし、第三次護憲運動をおこ しましょう。           

※護憲運動⇒憲政擁護運動
スポンサーサイト
  1. 2010/11/02(火) 15:52:59|
  2. 情宣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9・11集会アピール 議員定数削減に反対し、小選挙区制の廃止を!

集会に参加し、ついでにビラもまいてきました。

問題だらけの選挙制度に対して声を上げる人が非常に少ない。
今回の参加者63人は、これから選挙制度を変え社会を変えていく核になる人たちだ。

傍観者でいるな、権利は不断の努力で守らなければならない。


採択されたアピールを掲載します。

9・11集会アピール 議員定数削減に反対し、小選挙区制の廃止を!

 民主党政権は、「国会議員が身を削る」なる名目で国会議員の定数削減──衆院比例区80削減と参院40削減を打ち出しています。これは、民意に基づく政治=民主主義の一層の破壊を意味します。私たちは、消費税増税や9条改憲に道を開く、国会議員の定数削減に強く反対します。国会議員にかかわる経費の削減が必
要なら、議員の歳費 など一人当たりの議員の経費を削減すれば済みます。なぜ、議員定数削減となるのでしょうか。
 民意が多様化している社会で、民意の反映をただ二つの政党に収斂させることは、民主主義を歪曲します。小政党を排除することになる「二大政党制」神話に囚われることは、民主主義の死を意味すると言って過言ではありません。「二大政党制」はお手本とされてきたイギリスでも破綻しています。
 立候補権を著しく制限する法外な供託金制度を改善することを強く求めます。衆参とも比例区では600万円、選挙区では300万円もの供託金ですが、他の国に比べてもすさまじい高額です。政党とその他政治団体、無所属候補との差別も大きな弊害です。戸別訪問の禁止をはじめ選挙活動が大幅に制限されています。政党
助成金も問題です。
 小政党からも民主党の比例選出議員からも疑問と批判の声が上っています。広く反対運動をくりひろげましょう。
 猛暑の9・11に集った私たちは、小選挙区比例代表並立制を廃止し、日本に住む市民の声が公平に反映される選挙制度をこそ望みます。
   9・11集会参加
者一同

  1. 2010/09/12(日) 16:23:54|
  2. 情宣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

首相官邸前ビラまき

今日は、空いた時間に首相官邸前でビラまきをしました。


警官がそこらじゅうにいて、ビラまきをしていると当然のように声をかけてきます。

どこでビラをまいていても判を押したように「ここは公道だ、許可はあるのか?」警官は言ってきます。

ビラまきに許可はいらないと裁判所は何度も判決を出しているにも関わらず、一向に改善しません。


そして、ここで問題なのは警官自身違法でないことを知っているにも関わらず、このような対応をしていることがあります。

こちらが法律を知らなければ追い払って、知っていればビラまきを続けさせるという非常に姑息な方法を使います。


首相官邸前だろうが何だろうが、交通の著しい妨げになるような多数で行う場合でない限り、政治的なビラまきに道路使用許可は一切いりません。

堂々とビラをまきましょう。


本当に何も知らない無知な警官が沢山いるのは、さらに問題です。

私たちの活動は、法を知ることで更に表現の幅を広げ自由に行うことができます。

様々な表現をしていきましょう。



テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/08/26(木) 01:36:22|
  2. 情宣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NONFIX ロスジェネの肖像~画家・石田徹也と失われた世代~

放送日が変更になりました。


先日行った川口駅前の情宣で、フジ系列のNONFIXというドキュメンタリー番組の撮影が行われました。

「石田徹也とボクとわたし ~ロスジェネの肖像~」

 9月1日(水)深夜(26時40分~27時40分)


NONFIX

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/nonfix/

石田徹也

http://www.tetsuyaishida.jp/


  1. 2010/08/20(金) 23:46:15|
  2. 情宣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7.28川口駅前情宣

昨日は、川口駅前で情宣をしました。

仲間が二人手伝いに来てくれたので、チラシの受け取りもよくて反応の良い情宣でした。

風が強くて、のぼりが少し心配でしたが、昨日の暑さを考えたら風がなかったら、かなりシンドイ情宣だったと思う。


あと昨日は、某ドキュメンタリー番組の取材も入って、なんか凄くまとも情宣に見えたんじゃないでしょうか。

いや、常にまともな情宣やってるんですが、一人でチラシ配ってると、ただの怪しい人だと思われているんじゃないかと、ちょっと心配になります。


ですので、今後も仲間を募集しています。

一緒に選挙供託金制度を廃止しましょう。



  1. 2010/07/29(木) 11:10:47|
  2. 情宣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。