FC2ブログ

選挙供託金制度を廃止しよう!

選挙供託金制度廃止運動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8.14 釜ヶ崎大弾圧糾弾デモ ~大阪府警・大阪市・大阪地裁の横暴を許さない!~

(転送・転載歓迎)
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
8.14 釜ヶ崎大弾圧糾弾デモ
~大阪府警・大阪市・大阪地裁の横暴を許さない!~

                 ぶっ通しデモ実行委員会

集合:午後7時00分 新宿アルタ前
デモ出発:午後7時30分

7.23→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→9.10

2011年4月5日釜ヶ崎(大阪)で、大阪府警によって7名が逮捕され、14ヶ所が家宅捜索された。4月28日に3名が釈放され、4名が起訴。

かつて大阪市西成区役所は、各地を転々とする労働者の住民票を置く場所として、解放会館を勧めていたが、2007年3月29日に2088名の住民票を居住実態がないと一方的に職権で削除した。

当然のことだが、住民票がなければ免許の更新も出来ないし、携帯電話も契約できない。そして、選挙権を行使することができなくなる。労働者から住民票を取り上げ、参政権を奪う大阪市の横暴に対し、逮捕された7名は住民票復活のため、昨年の参議員選挙のときに投票所で手続きをしにいったに過ぎない。

それを大阪府警は、9ヶ月もたってから、4月の統一地方選挙の直前に逮捕したのである。

参政権は基本的人権であり、全ての人に保障されなければならない権利である。金がなくて家を持てないだけで、参政権を奪って良いはずがない。明白に憲法に違反する行政行為を行なった大阪市、市民運動を弾圧した大阪府警、不当逮捕を容認した大阪地裁を断固糾弾する。

今問題となっている原発の問題は、釜ヶ崎では3.11から始まった問題ではない。以前から生きるために被爆労働を選択せざるを得ない労働者は大勢いた。多くの野宿労働者が搾取され原発に連れていかれていたのである。私たちは、被爆労働を前提に稼働する原発を許すことはできない。そして、原発を地方に押しつける地方差別の問題を抜きにして原発の問題を訴えることはできない。

差別の問題は、私たち自身が差別をしていなければ良いという問題ではない。差別を容認し、差別を黙認していることが問題なのである。今も、差別の上に成り立っている原発の電気を、私たちは使っている。私たちが声をあげて差別をなくしていかなければならないし、原発を止めていかなければならない。

釜ヶ崎に連帯し声をあげよう!



4.5釜ヶ崎大弾圧救援会
http://kama0405.seesaa.net/

支援カンパ 郵便振替 00940-5-79726 加入者:釜ヶ崎医療連絡会議

FREE K!
http://d.hatena.ne.jp/FreeK/

働き人のいいぶん
http://hatarakibito.at.webry.info/201105/article_1.html




ぶっ通しデモ公式サイト
http://buttoshi.web.fc2.com/
twitter
http://twitter.com/720910action
ブログ
http://buttoshi.blog.fc2.com/

主催:ぶっ通しデモ実行委員会
buttoshidemo@gmail.com
090-9302-7192

(転送・転載歓迎)


スポンサーサイト
  1. 2011/08/12(金) 10:49:16|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

あらかじめ裏切られた民主主義

11月20日の講演は無事に終わりました。

多くのかたのご参加感謝します。


いかに選挙供託金制度が醜悪な制度であるかを説明させて頂きました。

どのくらい伝わったかわかりませんが、多くの賛同を頂きました。

今後も、選挙供託金制度廃止運動を強力に進めて行きます。


ご支援をよろしくお願い致します。

  1. 2010/11/22(月) 10:36:32|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若年層の参政権の侵害

若年層の参政権の侵害による、最も大きな社会問題は就活の問題であろう。
大学で勉強よりも就活をしなければいけない状況は、かなり前から問題とされていながら全く政治は、この問題に取り組む姿勢がない。
それは、やはり政治家がこの問題に取り組むインセンティブが、非常に低いことにある。
若年層は、不当な年齢制限、そして年齢が達したとしても選挙供託金等の資金面においても大きな障害を設けられている。
これだけ重要な社会問題でありながら、被選挙権を著しく侵害されていることによって、問題が全く解決へ向わない。
これは、若者差別と言っても良い状況だろう。
11月23日(火)に「就活どうにかしろデモ!!」が行われる。
これは、若者の心からの叫びである。
もう、若者とは言えない年齢だが、仲間が権利が侵害されているのに黙っているわけにはいかない。




(転送・転載大歓迎)
------------------
【11/23】「就活どうにかしろデモ!!」@新宿東口13:30~


学生は学び、遊び、のびのび生きていいはずだ!
「就活で授業に出れない…」「大学時代の一番の思い出は…就活」
ってどうなの?

「就活」という、生きづらさを押し付ける
不幸な現代システムに今こそ声をあげよう。

「就活で落とされる=自分は価値のない人間」
そんな負のスパイラルを若者に押し付ける社会にNOと言おう!

やりたいことを模索できる社会を!
若者が希望を持てる社会を!

11/23は、新宿アルタ前へ。

就職活動中の学生に限らず、既に内定をもらった学生、
会社で働いている人、働いていない人、暇な人、予定を
キャンセルされた人、新宿好きな人、車道を歩いてみたい人、
デモというものに参加してみたい人…。
全ての人よ、一緒に「就活ばんざいシステム」について
今こそ声をあげよう!!

この日は札幌・関西・愛媛でも就活デモが同時開催!!

-------------------------------------------------
「就活どうにかしろデモ!!」

◆デモ日:2010年11月23日(火・祝)勤労感謝の日
◆どうにかしろ街頭宣伝(新宿アルタ前):
13時30分~14時00分

◆デモ行進(新宿アルタ前出発→大久保公園解散)
14時00分~16時00分(実質15時00分頃を想定しています)

◆主催者:就活どうにかしろデモ@東京 2010の実行委員会

ブログ
http://syukatudemo.blog77.fc2.com/
ツイッター
http://twitter.com/syukatudemo
実行委員会メールアドレス
syukatudemo@yahoo.co.jp

-------------------------------------------------
補足
このデモでは、大学生の就職活動の在り方に疑問を訴え

ます。

具体的には、
・就職活動が早期化・長期化を続けており、
3年生の秋頃から就職活動が始まることへの疑問
・新卒一括採用にこだわる日本の雇用慣行「新卒至上主義」によって、
既卒者がまともな職に就けず、
非正規雇用問題やフリーター問題と地続きになっていること
・面接が4~5回も繰り返され、東京本社で行われることが多いため、
地方在住者が交通費などで経済的に不利になること
・就職情報会社(リクルート、毎日コミュニケーションズなど)が
就職活動の過熱によって利益を上げていること

・もっと希望を持てる社会を!
・のびのびできる社会を!
などなどを訴える予定です。

---------------------------------
(転送・転載ここまで)




  1. 2010/11/19(金) 22:54:34|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回口頭弁論期日

平成22年行(ケ)17号
第2回口頭弁論期日
選挙無効請求事件
期日:平成22年11月16日(火)午前11時30分
場所:東京高等裁判所第14民事部824号法廷


7日は、昼過ぎから2時半まで裁判所前で街宣を行い、第1回口頭弁論は、約10名の傍聴人のなか裁判が行われました。

平日のお忙しい中で、足を運んで頂けたことには本当に感謝です。


そして、裁判の後に、原告と被告の主張や、裁判の今後の流れなどを説明させて頂き、近くのカフェで交流会というほどのものではありませんが2時間程度の意見交換をさせて頂きました。

この裁判の傍聴にくるかたは、やはり選挙制度の問題点や、社会の様々な問題を非常に高いレベルで理解されているかたが多く、この社会を変えていくのは、ここに集まっている人たちなんだなと実感しました。

この裁判は、必ず勝たなければいけない闘いです。

共に闘い平等選挙を勝ち取りましょう。



  1. 2010/10/08(金) 11:38:22|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

答弁書

今日、被告である埼玉県選挙管理委員会から答弁書が届きました。

基本的に内容は、選挙制度は国会に広い裁量が認められているという従来通りの主張です。


選挙制度に厳格な平等原則を適用せずに、国会に広い裁量を認めれば、民主政治が根底から崩壊することは、火を見るよりも明らかです。

むしろ、制限選挙を続けたきた結果が、この答弁書なんでしょう。


長く制限選挙を続けてきたために、政府は腐敗し、自らが腐敗していることにすら気づかないでいる。

平等選挙を実施しない政府こそ、諸悪の根源であり、貧困を拡大させ、私たちを苦しめているのである。


この裁判は、政府に奪われた私たちの権利を取り戻す闘いである。




  1. 2010/09/30(木) 16:35:55|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。