FC2ブログ

選挙供託金制度を廃止しよう!

選挙供託金制度廃止運動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8.14 釜ヶ崎大弾圧糾弾デモ ~大阪府警・大阪市・大阪地裁の横暴を許さない!~

(転送・転載歓迎)
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
8.14 釜ヶ崎大弾圧糾弾デモ
~大阪府警・大阪市・大阪地裁の横暴を許さない!~

                 ぶっ通しデモ実行委員会

集合:午後7時00分 新宿アルタ前
デモ出発:午後7時30分

7.23→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→9.10

2011年4月5日釜ヶ崎(大阪)で、大阪府警によって7名が逮捕され、14ヶ所が家宅捜索された。4月28日に3名が釈放され、4名が起訴。

かつて大阪市西成区役所は、各地を転々とする労働者の住民票を置く場所として、解放会館を勧めていたが、2007年3月29日に2088名の住民票を居住実態がないと一方的に職権で削除した。

当然のことだが、住民票がなければ免許の更新も出来ないし、携帯電話も契約できない。そして、選挙権を行使することができなくなる。労働者から住民票を取り上げ、参政権を奪う大阪市の横暴に対し、逮捕された7名は住民票復活のため、昨年の参議員選挙のときに投票所で手続きをしにいったに過ぎない。

それを大阪府警は、9ヶ月もたってから、4月の統一地方選挙の直前に逮捕したのである。

参政権は基本的人権であり、全ての人に保障されなければならない権利である。金がなくて家を持てないだけで、参政権を奪って良いはずがない。明白に憲法に違反する行政行為を行なった大阪市、市民運動を弾圧した大阪府警、不当逮捕を容認した大阪地裁を断固糾弾する。

今問題となっている原発の問題は、釜ヶ崎では3.11から始まった問題ではない。以前から生きるために被爆労働を選択せざるを得ない労働者は大勢いた。多くの野宿労働者が搾取され原発に連れていかれていたのである。私たちは、被爆労働を前提に稼働する原発を許すことはできない。そして、原発を地方に押しつける地方差別の問題を抜きにして原発の問題を訴えることはできない。

差別の問題は、私たち自身が差別をしていなければ良いという問題ではない。差別を容認し、差別を黙認していることが問題なのである。今も、差別の上に成り立っている原発の電気を、私たちは使っている。私たちが声をあげて差別をなくしていかなければならないし、原発を止めていかなければならない。

釜ヶ崎に連帯し声をあげよう!



4.5釜ヶ崎大弾圧救援会
http://kama0405.seesaa.net/

支援カンパ 郵便振替 00940-5-79726 加入者:釜ヶ崎医療連絡会議

FREE K!
http://d.hatena.ne.jp/FreeK/

働き人のいいぶん
http://hatarakibito.at.webry.info/201105/article_1.html




ぶっ通しデモ公式サイト
http://buttoshi.web.fc2.com/
twitter
http://twitter.com/720910action
ブログ
http://buttoshi.blog.fc2.com/

主催:ぶっ通しデモ実行委員会
buttoshidemo@gmail.com
090-9302-7192

(転送・転載歓迎)


スポンサーサイト
  1. 2011/08/12(金) 10:49:16|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

7.27 反制限選挙デモ

(転送・転載歓迎)
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
7.27 反制限選挙デモ

                   ぶっ通しデモ実行委員会
集合:午後6時30分新橋SL広場
デモ出発:午後7時
7.23→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→9.10

 現在の選挙制度は、明らかな制限選挙で民意を反映するものでは
ありません。
 世界でも例をみない300万円の選挙供託金は、資産の少ない者や
資産のない者の代表者が立候補することを制限するものです。それは
国会議員の多くが資産家であり、一般市民の水準とかけ離れているこ
とからも明らかです。そして、このような多くの資金が必要な選挙制度
が、政治を腐敗させ利権をうむのです。
 また、在日外国人の仲間、住民票を持たない仲間、受刑者の仲間な
ど参政権を剥奪されている多くの仲間がいます。
 私たちの仲間の立候補が認められない選挙、私たちの仲間が選挙
権を行使できない選挙のいったいどこが平等選挙なのでしょうか。そん
な選挙制度で、私たちの意見が反映できるわけがないのです。
 お金がなくても誰でも立候補することができ、誰でも参政権が平等に
行使できる選挙制度であったなら、原発利権にまみれた体制が作られ
ることはなかったでしょう。
 共に民主化の声をあげよう!
 

公式サイト
http://buttoshi.web.fc2.com/
twitter
http://twitter.com/720910action
ブログ
http://buttoshi.blog.fc2.com/

主催:ぶっ通しデモ実行委員会
buttoshidemo@gmail.com
090-9302-7192


(転送・転載歓迎)


  1. 2011/07/16(土) 15:41:23|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

声明文

 私たちは、エジプト人民の勇気ある行動に敬意を表し、エジプトで行われている民主化運動を全面的に支持する。
 一部の権力を持つ者により、世界は大きく歪められ、今も多くの仲間の権利が貶められている。エジプトにおける民主化に向けた大きな力は、エジプトにとどまらず、世界の持たざる者の希望である。

  1. 2011/01/28(金) 07:43:17|
  2. エジプト民主化運動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

東京高裁判決

先の参院選の無効請求を行った第二次選挙供託金違憲訴訟の東京高裁判決が27日にでました。

今回も、選挙供託金制度は合憲であるとの不当判決が出され、即日上告しました。

何度敗訴を繰り返しても、勝つまで何度でも訴えます。

制限選挙は、誰がなんと言おうと制限選挙でしかないのです。

今後も、ご支援よろしくお願い致します。

  1. 2010/12/28(火) 00:59:54|
  2. 第二次選挙供託金違憲訴訟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一次選挙供託金違憲訴訟

2009年の衆議院選挙の無効を訴えた第一次選挙供託金違憲訴訟ですが、12月27日最高裁第二小法廷で棄却の決定がされ敗訴しました。
しかし、これは私たちにとって予想通りの結果です。
そして、これが、この国の司法制度なのです。
明らかに憲法に違反していながら、合憲判決を連発し続け行政の追認機関と成り下がった、この国の司法制度なのです。
この最高裁の判断により、私たちの闘いは、より明白なものとなりました。
立法府、行政府、司法府と三権の全てが腐敗した日本政府との闘いなのです。
この敗訴により、私たちの闘いは、やっとスタートラインに立ったと言えるでしょう。
選挙供託金は憲法違反である。
制限選挙によって選出された議員及び内閣は正当性を有していない。
そして、正当性を有しない政府を認めない。
真の平等選挙が実施される、その日まで共に闘いましょう。


今回の決定をした最高裁裁判官は以下

最高裁第二小法廷
裁判長 千葉勝美
裁判官 古田佑紀
裁判官 竹内行夫
裁判官 須藤正彦

  1. 2010/12/21(火) 02:55:51|
  2. 第一次選挙供託金違憲訴訟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。